HOMEstrawberry

”甘い果実を楽しめる” いちごを育ててみませんか?

アイベリー
あかねっ娘 章姫 四季なりイチゴ
あまごこち
アイベリーは愛知県
で生まれた特大品種
のいちごです。
甘み・酸味・香りと
バランスは抜群!

糖度高く酸味少なく
美味。球円錐形の果
実は形が揃いやすく、
桃のような香がある。
栽培しやすいので初
心者にもおすすめ。

香もよく観賞価が高
18gほどの縦長円錐
形果。鮮紅色のつや
やかな実は、密でや
わらかくとても甘く、
濃厚な味わい。
約15g。光沢のある
鮮紅色の円錐形果。
栽培しやすく、開花
に波がなく春から秋
まで繰り返し収穫で
きる。

四季なりイチゴ
アルビオン
さちのか とちおとめ とよのか
カルフォルニア大学
で育種された四季な
りイチゴ。一般的な
イチゴの倍以上ある
大粒タイプで、甘み
と酸味のバランスが
良いお勧めイチゴ。

約20g。糖度が安定
して高く、肉質は密
で食味は極めてよい。
しっかりした果肉は
日もちするのも特徴。
光沢・着色ともによ
く美しい。

約15g。大きさ、揃
いよく均整のとれた
美しい鮮赤色果。
果肉は密で果汁たっ
ぷり。

20~30gの円錐形
果。果肉は密でしま
り、おいしい定番人
気品種。

四季なりイチゴ
ドルチェベリー
宝交早生 四季なりイチゴ
みのりくん
女峰
パティシエも納得の
「上質な」甘さ。
糖酸バランスが良く、
食味の安定性に優れ
る。春~秋まで安定
した花成が続き、長
く収穫可能。

12~13g。鮮紅色の
円錐形果。果肉はや
わらかく甘酸バラン
スがよい。作りやす
く初心者向き。

初心者でも実を収穫
でき、よく実る中玉
系イチゴで、家庭園
芸向きの品種です。
病気に強く、耐寒性、
耐暑性に優れていて、
管理もしやすい品種
です。

果実はやや小ぶりで
すが長円錘形で整っ
ており、甘味酸味共
にバランスよく含み、
色付きもよく、形が
整っている。
レッドパール 雪うさぎ いちごジャム 苺ヨーグルトアイス
15~20g。名の通
り、果実の中まで赤
く色づき光沢があり
美しい。球円錐形の
鮮赤色果実は、甘酸
バランスよく、大き
く食べ応えがある。

耐寒・耐暑性に優れ、
四季成り性で収穫時
期が長い白いちご
「雪うさぎ」は大粒
で甘く、キュートな
「天使のいちご」
…………材 料…………
苺:300g、砂糖:100g
レモン汁:大さじ1
①お鍋に材料を入れ
1時間放置。
②中火の弱で30分ぐ
らいあくを取りなが
ら煮る。
③鮮やかな赤色にな
れば出来あがり

…………材 料…………
苺:150g、砂糖:60g
プレーンヨーグルト:300g
生クリーム:100cc
①苺と佐藤をボールに入
れ苺をつぶす。
②泡立てた生クリーム、
ヨー
グルトを入れ良く
混ぜる。
③タッパーに入れ、冷凍
庫で冷やし固める。
④途中2~3回取り出して
良く混ぜる。


イチゴの育て方

①イチゴ苗を植える(最適期9~10月)

 ●イチゴ苗の株元のクラウン(短い茎の部分)を土に埋めてしまわない様に浅植えにします。
 ※クラウンを埋めてしまうと生長点(実のできる部分)を埋めてしまうため、生長が止まってしまうことがあります。
 ●白い根がびっしりとまいている時は、根をほぐしてから植え付けます。
 ●畑の場合は株間30㎝程度で、ランナーを畝の内側に向けて植えると収穫が楽になります。


 クラウン:新芽が出てくる所  ランナー:繁殖のためのツル   実:ランナーの反対側に実が付きます。

②植え付け後の管理(11~3月)

 ●冬になり、枯れてしまった葉っぱは、葉のつけ根から取り除き、伸びてきたランナーもすべて取り除きます。
 ※ランナーを伸ばしたままにすると、養分がランナーに取られ、果実が大きくなりません。
 ※下葉に病気が見つかった場合は、病気が広がるので、取り除いて下さい。
 

③花が咲いたら(4~5月)

 ●イチゴの花が咲いてきたら、穂先の柔らかい筆で雄しべをなぞり、
  中心の雌しべに花粉を付けます。その後順次実が付き始めます。
 ※防寒の必要が無くなるため防寒用のマルチビニールは外します。
  開花後新しいわらに取り換えるとドロドロはねが無くなりきれいな
  実が収穫できます。

ポイント

 ①みずやり
  イチゴは、土を乾燥させてしまうと、根傷みをおこすため、土の上面が乾いてきたらたっぷり水を与えて下さい。
 ②肥料
  肥料は植え付け3週間後と、2月の下旬ころに適宜施します。(多すぎても良くありません)
 ③マルチ
  冬の間は黒のポロフィルムかワラを株元に敷いておきます。地温が上がり生育が早くなります。(除草や病気の
  予防にも効果があります)
 ④子株の殖やし方
  収穫が終わったら、ランナーを伸ばし子株を増やします。ただし、最初の子株は使用せず2番目以降につく子株
  を秋に植え付けます。


このページのトップへ