働くママの気まぐれ節約奮戦記

奨学金の賢い利用法

TOP >> 奨学金の賢い利用法

高校・大学に進学する上で、教育資金が足りないときのために、奨学金制度というものがあります。
公的な奨学金として、日本育英会(現在は、日本学生支援機構というらしいですね)と各都道府県の奨学金制度があります。
なお、これは私が高校・大学のときの話なので、今は若干細かい点が変わっているかもしれませんが、ほとんど同じだと思うので、必要な方は参考にしてみてください。


奨学金を借りる前に


奨学金は借りたら、返さなくてはいけません。
(以前は教員になれば返済は免除されましたが、この免除制度もないようですね。)
そこで奨学金を借りる前に、ちょっと考えてみましょう。

親御さんたちへ
親御さんに考えてほしいのですが、親としてはまず奨学金を借りなくてよい状況になるように努力できないかをお子さんのために考えてあげてください。
私は、奨学金の賢い借り方に記載したとおり、たくさんの奨学金を借りることができたのはよかったですが、返済するのが本当に大変でした。これは借りた本人だけでなく、結婚後も返済が続くことを考えると、結婚相手にも負担をかけることになります。
私は結婚前になるべく返済しましたが、それでも結婚する時にまだ300万円以上借金が残っており、主人になるべく迷惑をかけたくなかったので、自分の月々の小遣いを貯蓄したり副業などをして返済にあてました。
奨学金をハナから当てにするのではなく、借りなくてもよい状況にする(または借りる金額が少なくなるようにする)ために、「収入が増えるよう努力する(母親が働いていない場合は働きに出る)」「より一層の節約努力をする」など、親としてできることを真っ先に考えてください。

授業料免除
授業料免除という方法もあります。
これは返さなくてもいいので、まずは授業料免除の制度を利用することを考えてみてください。
大学の場合、私立はわかりませんが、国公立の場合は授業料免除は全免除と半免除という制度があります。
全免除は無理でも半免除なら通るかもしれません。試しに願いを出してみてください。
高校の場合も、私立はわかりませんが、公立の場合は授業料免除の制度があります。
成績より家庭の事情(年収や扶養家族の数等)が優先されるので、ダメモトで試しに願いを出してみてください。

企業・大学からの奨学金など
企業の奨学金をもらうという手もあります。
これはその企業に入りさえすれば、返さなくていい奨学金です。
ただし、「○年以上は勤務すること」とか、いろいろ条件がついてくるので、その条件に納得できる場合にのみ借りるといいと思います。
大学側からも、特定の条件をクリアすることで支給型奨学金も出ているようなので、チェックしてみてください。

▲UP

奨学金の賢い借り方


奨学金は、家庭の事情(年収や扶養家族の数等)や成績等の審査があり、申請しても借りられない場合があります。
でも、このページを読んで実践すれば、他の人よりも奨学金を借りられる確率が高くなります。
教育資金に困っている方、あるいは近い将来困るであろうと思っている方は、参考にしてみてください。

奨学金の種類
私が借りた奨学金は以下のとおりです。(公的な奨学金はこれで全種類だと思います。)
なお、金額については私が高校・大学のときの話なので、今はもっと高額だと思います。
大学で留年とかした場合でも、とりあえず4年分の奨学金は支給されるそうです。

高校で借りた奨学金支給月額
 ・日本育英会(利子なし) 毎月 9,000円支給
 ・都道府県(石川県)の奨学金(利子なし) 毎月21,000円支給
大学で借りた奨学金支給月額
 ・日本育英会(第一種奨学金:利子なし) 毎月35,000円支給
 ・日本育英会(第二種奨学金:利子付き) 毎月35,000円支給
(※) 奨学金とは思えない程の高額の利子が付くので、なるべく借りないようにした方がいいです。
 ・都道府県(石川県)の奨学金(利子なし) 毎月29,000円支給

(注)日本育英会(第一種奨学金:利子なし)と日本育英会(第二種奨学金:利子付き)を同時に借りることは、ほとんど不可能です。家庭の事情(年収や扶養家族の数等)+成績の審査が厳しいので、まず両方借りられるとは思わないでください。

▲UP

奨学金は高校のうちから借りる
奨学金は高校から借りられるというのは、みなさんご存知でしょうか?
知らない人もいるかもしれませんが、高校は義務教育ではないので、奨学金制度がちゃんとあるんですよ。

「何も高校から借りなくても」
と思うかもしれませんが、高校から借りると、大学での奨学金予約制度の面接試験にも合格しやすいし、大学ではまず間違いなく借りることができるのです。
特に、都道府県の奨学金は大学から借りるのは大変らしいですよ。
(成績が関係してくるらしいので)

だから、高校では大学進学前の準備とでも思って借りるといいかもしれません。

「返すのが大変だから」
と思うのであれば、その奨学金をそのまま定期にでもして手をつけずにしておけば問題ありませんよね。

借りたい方は、担任の先生を通して申し込んでみてください。
こういうことは入学してすぐに担任の先生に相談し、手配しましょう。
奨学金というものは、募集時期が限られているはずですので、モタモタしていてはダメですよ。

ただし、1年生からでなくても借りられます。(3年生からでも借りられます)
募集期間さえちゃんと押さえておけば大丈夫なのです。

▲UP

大学の奨学金は予約制度を利用する
大学進学後に奨学金を借りたい方は、日本学生支援機構(旧 日本育英会)の奨学金予約制度を利用するといいと思います。
この制度を利用すると、日本学生支援機構(旧 日本育英会)の第一種奨学金(利子なし)が大学入学とほぼ同時に支給が開始されます。
大学入学後に奨学金を借りたいと願い出ても、日本学生支援機構(旧 日本育英会)の第二種奨学金(利子付き)しか借りられない場合が多いので、この制度を利用しない法はありません。
たとえ日本学生支援機構(旧 日本育英会)の第一種奨学金が借りられたとしても、支給されるのは数ヶ月後となってしまい、すぐに借りたくても借りられません。
この制度を利用するには、高校の3年の夏くらいに行われる奨学金の予約制度を受けるための面接試験を受けるのです。
だから、その前に面接試験の申し込みをしておかなければなりません。
(面接試験の申し込み期限等はよく知らないので、担任の先生を通して聞いてみてください。)
ただし、現役で大学を合格しないと奨学金の予約の権利は失われるので、注意してください。

▲UP

奨学金の賢い返し方


奨学金の返済方法を誤ると、損をすることがあります。
でも、このページを読めば大丈夫。損することなく返済することができますよ。
奨学金の返済を踏み倒す人が中にはいるらしいですが、そういうことをすると自分の出身校の奨学生の人数が減らされる等、後輩に多大なる迷惑をかけることがあります。
車のローンや家のローンとは違って、目に見えないものに対してお金を払うのは結構つらいものなのですが、借りたものはちゃんと返済しましょう。
返済に困ったときは、申請さえすれば一定期間返済をストップしてもらうようなこともできるらしいので、返済に困ったらそういう方法をとるようにしましょう。

奨学金の返済年数は最長にしておく
奨学金の返済年数は自分で指定できるらしいのですが、返済年数は最長にしておくと、気分的にも楽です。
特に、入社して数年は経済的にも不安定なので、利子なしであれば最初はチビチビ返したいですよね。
経済的に安定してからイッキに返す等すれば損はしないので、奨学金の返済年数は最長にしておくことをお薦めします。

▲UP

日本学生支援機構(第二種奨学金:利子付き)はなるべく早く返す
第二種奨学金は利子付きなので、なるべく早く返済しましょう。
第二種奨学金の場合、奨学金とは思えない程の高額の利子がついてきます。
家のローンと同じで、最初の数年は返済額のうちの半分近くが利子になっていて、年数が経過するにつれて利子の部分が少なくなります。
(最初は利子ばかり払っているような感じになります。)

詳細は覚えていませんが、利子の付き方が以下のようになっています。
(数値はあくまでダイタイの目安ですから、正確なものではありません。)

【返済年数 15年の場合】
年数元金返済額利子返済額合計
1年100,000円90,000円190,000円
2年100,000円85,000円185,000円
3年100,000円80,000円180,000円
4年100,000円75,000円175,000円
5年100,000円70,000円170,000円
6年100,000円65,000円165,000円
7年100,000円60,000円160,000円
8年100,000円55,000円155,000円
9年100,000円50,000円150,000円
10年100,000円45,000円145,000円
11年100,000円40,000円140,000円
12年100,000円35,000円135,000円
13年100,000円30,000円130,000円
14年100,000円25,000円125,000円
15年100,000円20,000円120,000円
合計1500,000円825,000円2,325,000円

15年かけて返済した場合、利子だけでものすごい額になってしまいます。
しかし、返済期間を長くとった場合でも、日本学生支援機構に申し出れば、期間を短くして払う利子分を減らすことが可能です。

3年間で返そうとし、5年分ずつ返済するとします。
そうすると、最初の年には、1年目の利子(90,000円)+元金返済額5年分(500,000円)を払えば、5年分の奨学金の返済をしたことになります。
次の年には6年目の利子(65,000円)+元金返済額5年分(500,000円)を払えばいいのです。
で、そのまた次の年には11年目の利子(40,000円)+元金返済額5年分(500,000円)を払えば、すべて奨学金の返済が完了します。
そうすると、630,000円の利子が節約できる計算になります。
そのためには、日本学生支援機構にはあらかじめそういう返済方法にしたいという旨を伝えておかなければいけませんので注意してください。
また、第一種奨学金の場合は、返済期間が短ければ報奨金が出る場合がありますが、第二種奨学金の場合は早く返済しても報奨金はでません。
ただ利子が少なくなるというだけです。

▲UP

日本学生支援機構(第一種奨学金:利子なし)は時期を見てイッキに返す
日本学生支援機構の奨学金(利子なし)のいいところは、早く返すと報奨金が返ってくるところです。 (最近、報奨金制度はなくなってしまったようです。平成16年度までに貸与開始となった人までが対象のようです。)
これは、高校・大学ともに報奨金の制度があります。
報奨金は最後に返した額に応じて支払われるので、最初のうちはチビチビ返し、最後にイッキに返すというのが一番得する方法です。
でも、これはたしか5年分以上を最後にイッキに返した場合にのみ支払われるわけで、返済分が4年分以下だったり、または途中はたくさん返したけど、最後に返した額が少なかった場合には当てはまらないので、注意してください。
ちなみに報奨金の額は、最後に返した額の1割があとで支給されます。
あと、イッキに返す場合は、その旨をあらかじめ日本学生支援機構に申し出ておかなければいけませんので注意してください。

都道府県の奨学金は最長年数で返す
都道府県の奨学金はおそらく報奨金の制度がありません。(少なくとも石川県はありません。)
したがって、早く返すくらいなら、預金でもして利息を増やした方がいいです。
それに、イッキに返すと、精神的にもちょっとツライものがあるので、最長年数かけてチビチビ返すのが一番かしこい返済方法です。

▲UP

Copyright (C) 働くママの気まぐれ節約奮戦記. All rights reserved.

奨学金の賢い利用法