「酒うどん」の美味しいお召し上がり方をご紹介します。
【うどんを茹でる】

1.

2.


3.


4.



5.




6.
大きめの鍋にたっぷりのお湯を沸かします。

沸騰したお湯に麺を入れます。この際、必ず沸したお湯に入れてください。

菜ばし等でゆっくりと8の字を書くように混ぜ、麺が浮いてきたら火を中火にして約7〜10分程茹でます。

途中で吹きこぼれそうになりましたら、火を弱めて下さい。指し水される場合は、指し水でうどんが沈まないようにすること。うどんがお湯の中で「泳ぐ」感じを保つよう、注意して下さい。

時間がきましたら、麺をざるにあけ、流水でやさしく(両手で)洗います。うどんの熱が取れましたら、氷水で麺をシメます。
※お湯・うどんが大変熱くなっておりますので、火傷に注意して下さい。

シメたうどんを水分を切り、ざるにあけておきます。
【具を準備する】

当店では、酒うどんの具材として豚肉(脂身の少ない物)、タマネギ、下茹でした大根・人参、きざみうす揚げ、長ネギを使用しております。(※下線の具は是非、入れ下さい)
他に合う具材としてましは、サキガケごぼう、生鮭等がございますが、牛肉や白菜等のアク・臭い・水気の多い具材を入れますと味を損なう可能性がございます
ポイントは具材をあまり大きく切らないこと。火の入りやすい大きさにカットして下さい。
【調理する】

土鍋等に茹でた麺を入れ、酒うどんのスープを注ぎます。その上に用意した具材をならべ、火にかけます。具材に火が入りましたら食べごろです。
注意点は、煮詰めたり、水等で薄めたりしないようにして下さい。基本的には、煮えたら火から外すか、超弱火にしてお召し上がり下さい。
トップへ戻る 「酒うどん」を知る 「酒うどん」を食す
リンク お店の紹介 ミニギャラリー